最近食事制限をしてダイエット中なのでめちゃくちゃお腹が空いてたくさんご飯を食べてしまう

皆様ごきげんよう。東です。


猛暑が去ったと思って油断したら結局暑くて夏は暑いことを思い出させられています。
この間そんな夏の中、パンフレットに使われる写真の撮影をしてきました。

猛暑の間は暑すぎて逆に蚊が全然いなかったことを皆さん覚えていますでしょうか。
そんな蚊達が、ちょうどわずかに気温が下がった隙に我々を大量に刺していきました。
あっちもわずかに生まれた餌のチャンスに命がけとは言え、かなり容赦がなかったです。
痒い。
夏の始まりです。


そんな中最近あれです。
ヤなことそっとミュートのライブに2カ月くらい行けていません。
辛いです。
前回公演『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』が終わってから1回だけ行きました。
それっきりです。

飽きてないです。
なんだか行けていない。

行かなければ行かないほど熱が高まるタイプなので日々熱が高まるばかりで大変です。

そんなヤなことそっとミュート、先日新しいPVを公開しました。



これです。
メンバーの個性が表れていていい感じです。
特に、僕の大好きな間宮まにさんが4人の存在の中で一個異質な存在として描かれているのがとてもよいです。
全部見るのが辛いなって方は冒頭14秒まで見て欲しいです。
僕の間宮まにさんの大好きなところが5割くらい詰まっています。


さっき、行かなければ行かないほど熱が高まるタイプって言ったんですけど、そういう人が観劇好きでいてくれていると大変だなってふと思いました。
劇団って年にだいたい1回しかやらなくて、多くても3回いくかいかないかとかじゃないですか。
ってことは半年とか観れない期間が開くわけじゃないですか。
その間熱が高まり続けたら、大変そうですよね。
大変ですね。
だからこそ、色んな劇団を好きになってほしいなって思います。
12個好きな劇団があったら1か月に1回観れますもんね。
全部同じ月にやっちゃったら意味ないですけど。

だからあれなんですかね、好きな劇団以上に、好きな俳優ができるとよいんですかね。
もちろん人によりますけど、まぁだいたい劇団での公演以上の数は1年で出演する回数が多いってありますよね。
って考えるとお客さんに好きになってもらえている俳優の方々は凄いですね。
それだけお客さんを劇場に連れて行って楽しんでもらえている。
そうなりたいですね。
皆で。

僕はとにかくいろんな人が演劇を観に来てほしいなと思っています。
どこの誰でも。
まぁそんなうまくも行かないし、結構多くの人が思っていることだと思うのでこの話はまたいつか。


そうそうこの間自転車のタイヤがパンクしていました。
見えないパンクじゃなくて、タイヤが裂けていました。
裂けていましたというか切れていましたというか。
僕は通り魔かかまいたちの仕業だと思っています。

劇団の人に話したら、だいぶ古かったし普通に避けたんじゃない?と言われました。
実際めちゃ古い自転車です。
おばあちゃんのお古なのでブレーキが擦れ切っています。
タイヤもちょいちょい変えていましたがツルツルでした。

なのでタイヤが裂けていたのも、危ないから早く自転車変えなさいと日頃から言っているおばあちゃんの念が働いたんだと思います。
僕がケガをする前に乗れなくするという強硬手段。
パワフルな念です。
おかげで稽古場まで快適に自転車で行っていたのに歩くことになって毎日が辛いです。
太陽はいくつになっても慣れません。


『アイスとけるとヤバイ』も太陽みたいな作品です。
だから稽古場についても全然涼しくなれません。
皆でずっとなにかのどこかを照らしています。
なのでお客さんにも照らされに来てほしいです。
なのでなのでどうかどうか8/8-12は築地まで来てください。
きっと楽しんで頂けます。



カレーが食べたいです



ラーメンも食べたいです



上演後に皆さんとご飯に行きたいけどどうしたらいいのかもわからないです



なので観た後に一緒に考えてください



それではまたいつか



東直輝


2018年07月30日(Mon)

使う理由

 理科系で大学に入学すると関数電卓(四則演算だけじゃなくて三角関数や対数の計算が出来る電卓)を買わされる。自分が入学したときは既にスマホが普及しだしていてアプリで関数電卓の機能を持たせることが出来たので、わざわざ買わなくてもいいよなぁなどと思いながらも、手元に置いておきたくって買った記憶がある。
 初めて買ったのはシャープのEL-520Fだった。機能はごくごく普通だけれど、大学一年、二年生の実験の間中役にたってくれた。今でも自宅でたまに引っ張り出して使っている。
 さて、大学3年生のときに転機が訪れた。HPの関数電卓、35sがやってきたのである。
 HP 35sの特徴は逆ポーランド記法(Reverse Polish Notationの略でRPN)を採用しているところである。数式の入力方法が普通とは異なる。例えば、3+5を計算したいとき、普通の電卓ではキーを

'3' '+' '5' '='

の順で押していくと答えを出すことが出来る。一方でRPN記法においては、キーを

'3' 'Enter' '5' '+'

の順番で押さなければならない。'+'が後ろに来て、'='キーが無い。
 初めて見た人は意味が分かりにくいかもしれないが、実はRPN記法は日本語の順番でキーを押すことに対応している。

'3' 'と' '5' 'を足す'

と日本語で言うことが出来るが、'と'に'Enter'が、'+'に'を足す'がそれぞれ対応している。
 RPN記法は日本語の通りに押していく記法ということが出来る。
 もう少し複雑な例だと、5X10+3を計算したいとき、日本語だと

'5' 'と' '10' 'を掛け' '3' 'を足す'

となるので、

'5' 'Enter' '10' 'X' '3' '+'

となる。
 閑話休題。HP35sを僕が買ったのはRPN記法を使っているからで、どんなものか興味があったからだ。RPN方式の関数電卓を使っている人を僕は大学で見たことが無い(あ、嘘か。使っている教員はいたかも。でも学生ではいなかったな)。なら珍しさで使ってみようという訳で買った。
 で、どうかというと、個人的な見解を表明するなら、「まぁー使いにくい!」といったところだ。最大の欠点はスタック(入力する数字を記憶する領域のこと)が4つしか無いというところで計算ミスが多発した。初めて大学に持っていったのはやはり実験の講義だったが、自分が計算ミスしまくってペアの人に迷惑をかけた記憶がある。
 じゃぁ退役させたかというと、そんなことはなくて今でも現役だ。流石に計算ミスをしないようになってきたというのと、あとは使用感がとてもよいというところが使う理由になっている。キーのタッチがふにゃふにゃではなく、コチコチしていて使っていてこいつはなかなか楽しいのだ。
 なんだかせっかくRPN記法の電卓なのに使い続ける理由が間違っている気がするが、これからもよろしくねと言ってやろう。

米田優
DSCF2148.JPG


2018年07月29日(Sun)

なとぅ。

皆さま、熱中症、大丈夫ですか?
潮みかです。

恐ろしく暑い日が続いてましたが、今日は涼しかったですね。
「アイスとけるとヤバイ」の稽古場は、熱気熱気で、どえらいです。
そこに、ゲスト御三方が爽やかな風を吹かせて下さって、皆んなが健やかに観ていられる劇に仕上がっております。
バランス。
何事もバランス。
押し引き。
差し引き。
何言ってるかわからなくなってきた。
熱中症かな?


私は夏が好きです。
海とお祭りと花火が特に好きです。
でも毎年どれにも行けない事が多いです。
ですので毎年テレビで生中継される花火大会の映像を録画して何回も観てます。
テレビで観てもまあまあ良い気分になります。
そんなお祭り気分で「アイスとけるとヤバイ」観に来て貰えたら嬉しいなと思ってます。

築地だし。
観劇前か観劇後に海鮮丼のコースですよね。
絶対。
私ならそうする。

なんか美味しいシュークリーム?かなんか駅近くに売ってて、それまず食べて、舞台観て、海鮮丼食べに行って、「あの役ってさ〜」とか「てか最初のシーンってさ〜」とかビール飲みながら喋る。
これやりたい。
私が観に行く側だったらこれやりたいコース。
おすすめです。

写真は、最近の熱気稽古場と、毛先の色を抜いて夏を感じている私です。

7D3876F3-C69F-4369-9274-01EAF2174D0E.jpg

E1B88C93-FB47-4DA8-84F9-3A3032C9AFCE.jpg


2018年07月26日(Thu)