2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

23歳

どうも。
川人です。

こっちは漫画家の進野

DSC_1131.JPG

さん。

この髪型、ムロツヨシを意識したんだって。
(全然似てないよ)


さて、東京公演も4日目を終え、次のステージで東京公演は千穐楽です。

今回のテーマのひとつが「記憶」とちうこともあり、23年間生きてきた自分の記憶というものと向き合う機会が多かったのですが、あらためて「記憶」って曖昧だし不確かだしどんどん薄れていくものなんだなと感じました。
当時はめちゃくちゃに嬉しかったり悔しかったり楽しかったり辛かったりしたことも、いま思い出してみてもあの時の感情の昂りみたいなものは確かにあったことは憶えているんだけど、それをもう一度同じように感じることは難しくて。

絶対に忘れない、と思っていたことも、いつかは記憶の引き出しの中にしまいこまれて、そこにしまったことも忘れてしまうんでしょうか。


こうやって2ヶ月稽古して公演をうったことも、いつかは忘れてしまうんでしょうか。
いや、忘れないな。
演劇を続けるかぎり、生き続けるかぎり、きっと忘れないと思います。


忘れていたとしても、引き出しにはあるし。


なんだかちょっとセンチメンタルダァ。


でも、心は前に向かっているので。
もっといっぱいの人に観てほしい作品です。
もっといっぱいの人の記憶に残したい作品です。
きっと記憶の引き出しを開けたくなる作品です。


日付が変わって、今日が東京公演千穐楽。
どうか、どうかよろしくお願いします。


P.S.
わたし、実はまだ23歳なんですよ。
若いよ。


2018年04月30日(Mon)

食事の終わりはデザートの始まり『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』

皆様ごきげんよう。東です。



だいぶ前にファミレスで何か食べているときに隣に座っていた小学生くらいの子供が言っていました。

食事の終わりはデザートの始まり

なんかが始まるにはなんかが終わってたり、なんかが終わってたらなんかが始まっているってことは歳を重ねてからは気付くようになりましたが、まさかそんな小さな子供がそこに辿り着いているとは思っていなかったので感動しました。

これを言った後彼は満足そうにデザートを食べていました。
そのまま育ってほしいです。



ということで明日、4/26から悪い芝居vol.20『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』が始まります。
舞台セットも照明も音響も人間も面白いです。
多分なんだかどこかを思い出しそうな感じです。
降り立ってほしいです。



そしてvol.20ということで悪い芝居には節目の公演です。
そして僕が初めて悪い芝居に出演してから1年経った公演です。
正直、1年ごとに節目だと言ってたたら毎年大変なので別に節目でも何でもないと思っていました。
けど
リジッター企画で共演した塩崎こうせいさんが13年所属していたX-QUESTを退団するというのが発表されて、なんか1年どころか1公演ごとが節目なんだなぁと思いました。
ということで今回は節目の公演です。
何の節目かは終わった後に考えます。



1年前、『罠々』の稽古をしていた時に山崎さんとりょうさんに、
「東は5年もすれば悪い芝居の看板俳優になれるよ」
みたいなことを言われました。
(とくに何もしてきてないし実績も持ってない僕にこんなこと言ってこの人たち近々死ぬのかなぁ)
と思ってました。
でも出会ったばっかの人にそれを言ったら怒られる気がしたので
「3年でなります」
と取り合えず大口を叩いておきました。


そんなことを思い出しました。
ようやく1年経ちました。
二人は死んでいません。
僕も変わらず生活しています。
後2年後にはどうなっているんでしょうか。
そもそも演劇を続けているんでしょうか。
それとも悪い芝居の看板俳優になっているんでしょうか。
全然違うところで演劇をやっているんでしょうか。
何にもわかんないです。
1カ月後にはもう何か変わっているかもしれません。
でも取り合えず言えるのは、5/20の大阪公演が終わるまでは一生懸命『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』をやっています。
それ以降は不明です。
なんだか不穏っぽいこと書いてますけど、演劇やめたいとか、悪い芝居やめたいとか、誰にも言えずに悩んでて苦しいとかそういうわけでは一切ないです。
元からそういう考えで数年間生きてきたのを改めて思い出した感じです。
考えなんてコロコロ変わりますもんね。
唯一変わらないのは、楽して生きたい、ってことだけです。
ここだけは生まれたから一度も変わってない。



今回は中西さんが主演です。
この間まで『笑う吸血鬼』に出ていたのによくなるなぁと感動しています。
中西さん、日頃は元気です。めちゃくちゃ元気です。沈黙が嫌いみたいでいつも喋ってます。
もしかしたら皆さんが描く中西さん像とまんま一致しているかもしれません。
僕は一致しました。
なので、陰の人間である僕にはちょっと遠い存在です。
そんな中西さんも舞台上だと儚さが表に出て来ます。
『笑う吸血鬼』を観て、かなり久しぶりに観客として中西さんを観た時に、自分は中西さんが好きだったことを思い出しました。
中西さんが出てるから観に行った舞台もありました。
別に今が嫌いなわけではないです。
でもまぁプラマイプラスって感じです。

そんな素敵少女中西柚貴の今回は今までで最儚です。
ばちばちです。
観てほしいです。
観るまで来てくれたら楽しいと思います。



とか書いていたら昔共演した際に散々お世話になった方から明日行きたいと連絡がたった今来ました。
嬉しいです。
濁りの無い純粋な嬉しさ。
滅多にないです。
世界中の皆さんありがとうございます。




そういえば昨日は親愛なる間宮まにさんのお誕生日でした。
22歳になったそうです。
1年間なんて節目じゃないとか言っていたけどなんだかんだで節目ですね。
お祝いしてください。

26053.jpg

今の携帯の待ち受けです。
この間山崎さんに
「待ち受けまで間宮さんなんだね。」
と言われました。
多分馬鹿にされていると思うんですけど、どうやら名前と顔を覚えてくれたみたいで嬉しいです。
皆さんも覚えてください。
この間宮さんは、綺麗さの中に隠れている可愛さが美しいです。
間宮さんも儚いです。
僕は儚い人間が好きです。

最近のアイドルはライブとかで撮影可なのでいろんな人が自分が見れてない表情を見せてくれるから大変ありがたい世の中です。
ありがとうございます。



そして前回のブログ更新から2週間しか経っていないのにBiSHが新しいMVを出しました。
キリンレモン×BiSH 「透明なままでゆけ。」



キリンレモンとのコラボです。
凄い。
BiSHの歌じゃないBiSHが歌っている曲なんですけどやっぱりBiSHで素敵です。
おかげでそんなに好きじゃないキリンレモンを2日に1回買っています。
僕はコーラが好きです。



そんな感じでお待ちしております



今日こそ早寝したい



グッズもいっぱい出るので見てみてください



それではまたいつか



東直輝


2018年04月26日(Thu)

ふわっとして確かなものたち

植田です。

本日とうとう、池袋は東京芸術劇場シアターウエストに
小屋入りをいたしました、
『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』一同です。

衣装合わせ日にはウェンディの魔法に魅せられましたが、
今日はバンブーの魔術に魅せられました。

なお、僕は竹内さんのことをバンブーと呼んだことはありません。
植田さんをウェンディと呼ぶことは多々ありますが、
魔法と魔術の違いは分かりません。

竹内さんは先日千秋楽を迎えました『笑う吸血鬼』にて、
第45回伊藤熹朔賞 新人賞を受賞されました!
こちらも楽しみですね!

明日はカトリーヌとカブの法力と念力に魅せられることでしょう。

もちろん加藤さんをカトリーヌ、鏑木さんをカブと呼んだことはありませんが、
法力と念力がイマイチ的を射た表現でないことはよく分かっています。

そんなラモーングですが、1年前は

DSC_0108.JPG

こんな感じでした。

まだ1年しか経ってないんだなあと思いました。
思えば2017年は長い1年だったなと、いろいろあったなと。

そんないろいろを経て出来ていますラモ。

おっと、そういえばまだ予約してねーや、
行こうかどうか迷ってまだ予約してねーや、
そんなあなたは

http://waruishibai.jp/last/

へ!

悪い芝居の魔法と魔術と法力と念力と愛で
たっぷりの2時間をお届けします!


2018年04月24日(Tue)