2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

ももクロが鳴り出した瞬間踊り出す女子、こわい



こんばんはおはようございますこんにちは

あべりんです!!



2018年スタートして早2ヶ月ですね、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


今日のわたしは、
大学3年生まで、音楽ライブのテクニカルスタッフとか運営とかやるマニアックなサークルに所属してたのですが、
そこが協力してるライブの仕込みにいってまいりました。

ひさしぶりにコードとかスピーカーとか平台とかさわったら
「ほわああああ〜」ってなりました。
なつかしい。

すでにOGなんですが、ひさしぶりの参加でした。

後輩たちと話してたりすると、がしがし平台運んだりインカムもって走り回ったりしてた頃の記憶がよみがえってくるものですね。

久しぶりに大学で使っている平台(ステージ組む台)持ったんですが、
現役時代、両肩にかついで持ってた自分に驚愕しておりました。





負けてらんないね


ということで。


悪い芝居も、本公演に向けて、進んでおります。

先行予約、受付中でございます。


悪い芝居vol.20
ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング

今回の作品名、覚えてもらえましたか?

先行予約は期間限定!
2月25日(日)23:59までです。
こちらあと10日をきりました!!!

「東京観に行きたい!」な方はこっち
「大阪観に行きたい!」な方はこっち

ここからすぐ予約フォーム飛べますので、
今PCかスマホ見ながら、もう片手でスケジュール帳とりだしましょう。


ちなみにこちらの先行予約で申し込んでいただけると、

・特別デザインチケットのお渡し!!
(めっちゃかわいいです、「悪い芝居を観る感」がすごい)

・あなたの自宅までチケットお届け!当日すぐに会場はいれちゃう!
(+300円で発送出来ちゃいます。備考欄に「チケット送付希望」お忘れなく!)

・ざっくり座席希望できちゃう!お好きな席でお楽しみください。
(備考欄に「前方」「中央」「後方」好きな場所ひとつ選んで記入!)

という贅沢できます。

素敵でしょ?


もう一度言いますよ、

あと10日で素敵な先行予約終わっちゃいますよ。

「気づいたら〆切3分すぎちゃってる・・・」の経験をお持ちの方、
いますぐスケジュール帳ひらきましょう。


よろしく!おねがいします!





先日のイベントで、昔の公演覚えてるかなクイズのコーナーがあったのですが、

この『ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング』も
数年後、また誰かに思い出してもらえる作品になれたらなと思います。


ではまたどこかで!

IMG_7997.JPG


カレーが食べたい。

あべりんでした。


2018年02月17日(Sat)

俺も金

どうも、渡邊りょうです。


オリンピックの興奮と感動のおかげで日々幸せに生きています。


そして役者としてはワークショップやらオーディションやらの準備と復習とで朝から晩まで…あ、正確には昼から閉店まで必死にカフェにこもって台本をひたすら読んでは書き込んでの繰り返しをしております。

そして来月から始まる悪い芝居(先行予約受付中!!)の稽古もあったりと、風邪にも負けずに今年一年やりきるための気合い入れとして本日は「いきなりステーキ」へ。

image1.jpeg

ゴールドになりました。


演劇も2018年の一等賞目指して頑張りまーす。


2018年02月15日(Thu)

そこのこと、いまさらのこと、これからのこと

皆様ごきげんよう。東
です。

ブログを書くのは久しぶりです。
久しぶりなので今日は文字だけをつらつらとひたすらに吐き出していこうと思います。
しっかり暇なときに読んでくださるとハッピーです。


書かなくなってから色々してました。


その時期で一番の成し遂げたことはインフルエンザですね。
生まれて初めてインフルエンザにかかりました。
自分は予防注射をしなくてもかからないだろうと高を括って今まで生きてきましたが見事にへし折られました。
ゲームのやりすぎで下半身が痛くなって、ゲームのやりすぎで頭が痛いもんだと思っていました。
愚かですね。



そんな感じで病気の自覚がなかったので病院に行くのが出遅れました。
たまたま引き籠る時期に発症していたのは不幸中の幸いです。
病院に行くのが出遅れたので一週間以上引きこもってました。
やっぱり引き籠るのは楽しいです。
働かない頭でボケーッと色々考えてました。



ってことで今更ではありますが1月に、リジッター企画さんというところの「そこのこと」に出演させていただきました。
来てくださった方ありがとうございました。
観に来てくださる方々がいらっしゃるから出演できたんだなぁとひしひしと実感しました。ありがとうございます。



主演の新垣里沙さんを始め、全ての出演者の方が本当に素敵な人ばかりでした。
稽古を見ながら、この人たち凄くてムカツクなぁ、といつも思っていました。
毎日毎日凄い人たちを見せられてそれはもう地獄のような稽古期間でした。
それに、色々勉強させていただきました。
今出会ってなかったら、もうしばらく知ることのなかったであろうことを沢山教えていただきました。見せていただきました。
本当に凄い方達です。
よくもまぁ自分と出会う世界で生きてくれていたなという感じです。



それに「リジッター企画」という劇団の凄さも知りました。
でもそれは、自分が悪い芝居に所属しているからこそ分かることがあったんだなぁと思います。
劇団員の方がしっかりしてくださったおかげで、本当に快適な稽古期間を過ごせました。
尊敬です。
自分たちの劇団ももっともっと頑張らなきゃなぁと思いました。



僕は主な役では、塩崎こうせいさん、大沼優記さん、小島 梨里杏さんと主に絡みました。



こうせいさんは、結構今まで観てきた作品でドッシリとした役をやっていることが多かったので完全に怖い人だろうなという先入観からスタート。
おかげで稽古が始まる前、現実で出会う前にこうせいさんが夢に出てきて、めちゃくちゃ怒鳴られたので怒鳴り返して喧嘩をするという勝手に最悪な関係からスタートしました。


実際は何を言っても笑って楽しそうに話してくれる優しい人でした。
ボソっと何かを言ってもすぐに拾って笑ってくれました。
色々聞いたらなんでも教えてくれました。
この人今まで培ってきたものをこんな簡単に教えてくれていいのかなぁ、って思うくらいにはなんでも教えてくれました。
感謝しかないです。


こうせいさんは、演劇の話をするときは勿論なんですが、自分の周りの好きな凄い人たちの話をするときが一番楽しそうに嬉しそうに話をしてくれました。
末原拓馬さんの話をしてくれた時は「あいつは頭がおかしいんだよ。」と本当に愛おしそうに言っていて素敵でした。
いつか僕もそうなりたいですね。
今まで演劇人と4桁を越える人数出会ってきたとのことでして、その記憶になんとか入り込んでやろうというのが密かな小さな目標でもありました。


結局稽古場でご飯を食べているところを一度も見ることができませんでした。
なので多分こうせいさんはロボットです。心を動かして口を動かして身体を動かしたらエネルギーが補給される永久機関を持った演劇ロボット。
年に8本以上舞台に立っているそうです。ロボットじゃなきゃ無理だと思います。



ぬまさんは、リジッター企画主宰の馬渕さんと、作演の中島さんから出演のお話を頂いたときにちょろんと時間が被って一緒にお話を聞いていたのが最初の出会いです。


その時なんかのんびり話していたんですけど、第一印象は、この人どうやって生きてるのかな、でした。私生活とか今までとか聞いていたら日頃何をして今まで何をして生きてきたかが一切頭に思い浮かびませんでした。
その日は優しい人ってことだけ分かって帰りました。


そして喋り方が特徴的でした。
喋り方に特徴がありすぎて、皆が稽古場に入ってくるときの挨拶はぬまさんの物まねになっていました。


ある日稽古場で話をしていたら、今日は東くんのことをブログに書こうかな、と言ってインタビューを初めてくれました。
でも僕がすぐに脱線してしまって、結局聞かれたことには特に何もちゃんとお答えできず終わった気がします。
それでもその晩ブログに載せてくれて、最初から最後までひたすら褒めてくれている文章でした。
日頃もそうです。何を話してもとりあえず楽しそうに褒めてくれます。不思議。良い人ですね。
僕の稽古期間の承認欲求はぬまさんが9割満たしてくれていたといっても過言ではないです。


一番印象に残っているのが、稽古始まったばかりの時期、一緒に帰っていてなんだかお互いの暗い部分とかを話してたときに、僕たちそっくりだね!と嬉しそうに言ってきたことです。
いや、そんなに嬉しそうにされたら短所じゃなくて長所な気がしてきちゃうじゃん、と思いました。
なのでぬまさんは基本良い人です。


ちなみにヌマさんも稽古場でご飯を食べているのを一度も見たことがありません。でもロボットではない気がします。
芦沢さんはビフィズス菌って言っていました。



小島さんは今回唯一の同い年でした。
やっぱり唯一の同い年だったので勝手にライバル意識を抱いて顔合わせに参加したわけですが、そこにいたのはキラキラ輝いていて性格も辞書に載りそうなくらいな人がいました。
出会ったその日に完敗です。
なんか、類友じゃないですけど、良いものは良いもののところに集まるんだなぁと思いました。
やっぱり世の中って偏ってますよね。


稽古を重ねていくうちに、ぼやーっとしていたのが固まった時に気付いたのが、この人は多分、24歳になる前に抱いていた、なりたい24歳像に今まで出会った中で一番近い人なんだな、ということでした
性別も違うし、性格も全然違うけど、世の中の居方とか、世の中への抱き方とか、そういうところが本当に素敵な人でした。
別になりたい24歳像を元から抱いて生きてきたわけじゃないですけど、漠然と持っていたものを明確にされた感じです。
そんな尊敬できる同い年に会えて本当に良かったです。


知り合いが僕のことを褒めてくださっていた話をいつもしにきてくれました。
優しい人です。
そんなことをしてくれるもんだから天狗になりそうだったので毎回頑張って自分の鼻を折っていました。


読んでいただいたら分かると思う通り、少なくとも僕の目には完璧な人間に写っていました。
悔しいので本番が終わるまでにどうにかして欠点を見つけてやろうと思いました。
特にパッしたのが見つけられなかったので頑張って2つほどこじつけてやりました。
そうやって自分は負け続けていくんだなと思いました。
負けません。


思い出ってのは思い返したらたくさんあるものですね。
このまま皆さんのことを簡単に振り返っていきたいところなんですが、あまりにも時間がかかり過ぎて大変になっちゃったのでやめました。
なので主にかかわった3人だけです。


他の人も個性バリバリの人間たちです。
個人的に一番仲良くしてくれたの雨宮さんでした。



その公演の後は、悪い芝居のイベントがありました。
「ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング」キャンペーンイベントです。


『記憶のカケラを掘り起こせ!悪い芝居早押しビデオクイズ』というコーナーでは劇団員の米田と二人で司会を務めまして、いっぱい喋らせてもらいました。
皆さんのおかげで楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございます。


とは言えいっぱい喋るのは大変でした。
人前に立つのが苦手な僕にはとても大変な事件です。
きっとこれからも公演がある度にイベントはありそうなので頑張っていこうと思います。
どうかどうか、そんな苦しんでいる姿を見にイベントへ足を運んでいただけるとハッピーです。


大阪でもイベントはあるみたいです。
いつやるかとかなにやるかとかまだ発表できないんですがきっとやります。ので、楽しみにしていてください。
きっと素敵な時間を一緒に過ごせると思います。



そしてこれからのことです。
4月には「ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング」の公演が始まります。
4/26からです。
既に先行予約も始まっています。
詳しくは詳細ページを暇なときに見てください。
かっこいいです。


名前の順番的に、中西さんと植田さんがいっぱいでるのかな?と勝手に予想しております。
素敵な二人なのでどんな作品になっちゃうか本当に楽しみです。


劇団ミーティングをしたときに、ちょっとだけどんな作品を今山崎さんがやりたいか話してもらいました。
相変わらず山崎さんの頭は意味わからんなぁ、と思いました。
今回も、誰もが見てて、でも山崎さんしか見つけられない素敵な世界になりそうです。



「ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング」の後は何があるんでしょうか。
まだ発表はできないんですが、また皆様とお会いできたりなんかできたりする予定があるので、もし万が一僕が発表した際にはちょっとだけチェックしてよっぽど暇だったら観に来てくださると嬉しいです。
それまで頑張って生きます。



今日はバレンタインでした



チョコは毎日食べたいです



それではまたいつか



東直輝


2018年02月15日(Thu)