2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

終わったらお祭りも終わりです

皆様ごきげんよう。東です。



悪い芝居の『悪いけど芝居させてくだ祭』ご来場ありがとうございました。
いらっしゃらなかった方もありがとうございました。
来てくださった方、初めて聞く名前の劇場の、駅からちょっと遠そうなところに足を運んでくださってありがとうございます。
駅からの道のりが遠い分、いつも以上に、足を運んで観に来てくださる方の素晴らしさを実感しました。
気にかけてくださる一人一人のおかげで生きていけるんだと思います。
ズルイ言い方ですけど、これからも劇場でお会いできるのを本当に楽しみにしています。
これからも見放さずに、なるべく長く頑張らせてください。



そしてお祭りが終わりましたね。
僕は千秋楽の夜にそのまま体調を崩しました。
そのまま終わった反動で1週間以上体調を崩して、どうしても鼻水が止まらなくなって、その時に、ただ単に冬が訪れ始めただけだったということに気が付きました。
鼻だけは季節の変わり目に敏感で、冬が近づくといつも鼻水が止まらなくなります。



関西の劇団のくせに東京でしか公演をやらないなんてどうなってるんだ、というところから始まった今回の公演です。
実際そのことには誰も触れていなかった気がします。
そんな変なところから始まってるくせに、内容も6日間で5演目やるというおかしなものでした。
僕は作演が1つ、出演が2つでした。



悪い芝居としてやってみてどうとかー、とか喋れることは無限にある気もするんですが、鼎談にも載っていたりするので少しでも気になる方はそちらをご覧くださいませ。

パート1
http://waruishibai.jp/wfes/teidan1.html

パート2
http://waruishibai.jp/wfes/teidan2.html




それとは別に、観に来てくださった方は分かると思うんですが作品内で、核が降る、というのが一つ取り上げれられていました。
そして公演時期、北朝鮮からミサイルが撃たれました。
幸いにも直接的な被害がでるようなところには落ちませんでした。



Jアラートが鳴った朝、山崎さんと一緒に劇場まで歩いてる時に、落ちてたら公演がどうなってたんだろ、って話をしました。
近くに落ちたらもちろん中止だし、遠くに落ちてたら自分たちはやるのかな、みたいな。
やろうと決意したとしても、でも核が降ってくる話が出てくるしそんな状況でやったら不謹慎だから辞めるのかな、みたいな。
やったらやったでアイツはこのことを知っていたスパイだ!となるのか、みたいな。
そんなことを自分は話した気がします。



話してて、結局自分はこんな時でも当事者にならずにのんきに生きているんだなって思いました。
多分当事者になるころには死んでるんだろうなって思いました。
明日死ぬと思って生きているとは言っても、なんか、そんくらいなんだなって実感しました。



米田と帰ってる時に、明日死ぬとわかってる時に、最後に会いたい人がいないって寂しいよね、って話をしました。
なんて返されたかは覚えてません。
若干否定されて、5分くらい話したら別の話になりました。
米田とはいつもだいたいこんな感じです。



でもこういう話をいくら振っても米田は一回真剣に考えてから返してくれるのでいいやつです。
だいたい否定されます。
多分生まれた星が違うんだと思います。



最近ヴォルテールという哲学者の「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」という言葉を知りました。
結局世の中これなんですよね。
皆が心のどこかで思ってくれていればもっと平和になるのになぁって思いました。
世界平和ってなんなんでしょうね。
口に出すようになってから余計にわからなくなりました。
皆さんの世界平和をいつか僕に教えてください。




平和な僕は、今日「新感染」という映画をみました。

公式HP http://shin-kansen.com/

初めてゾンビ物?を見たんですけど、面白かったです。
ゾンビが一杯出てくるんですけど、描かれているのは人間で、だからこそ面白かったんだなって思いました。
やっぱり世の中人間ですね。
新感染、携帯だと一発で変換できるのにパソコンだと一発で出てくれなくて手間です。



昔、「SAW」っていうグロイで有名な映画をみた時も同じような面白さを感じました。
ちょっとグロイのみてみよーと思ってみてみたら、ガッツリひたすら人間が描かれていて、感動しました。
3以降はグロくすることメインみたいになっちゃってるのであれですけど、人間がみたい人は1と2をみてみてください。



「新感染」はBiSHというアイドルの『アユニ・D』という子がオススメしてたのでみました。

ツイッター https://twitter.com/ayunid_bish

画像検索 https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A6%E3%83%8B%EF%BC%A4&client=firefox-b&dcr=0&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwij1o3OhcjWAhUCmpQKHS-FDCoQ_AUICigB&biw=1408&bih=693

ライブが始まったとたんに汗を大量に書いちゃうところが好きです。
僕も知らない人と話すときとか、舞台上にあがって6行くらい喋ったら汗だくになります。
そういう無理やりな共通点を見つけて喜ぶくらいには好きです。



でもなんか、人に勧められて出会ったものが素敵なものだった時って自力で出会った時以上にお得な気持ちになりますよね。
どこかと世界が繋がって広がる感じ。



お芝居を観る方ってそういう方が多いのか、たまたま僕の周りで多いのかわからないですけど、普段芝居を観ないような方を一緒に連れてきてくださることがよくあります。
とても嬉しいです。
そういう方がいるとき、その人の世界を自分達は広げることができるのかとても不安になります。
とても怖いです。
でも頑張らないと広げられないし、連れてきてくれたり、勇気を出して一人で来てくれた方に合わせる顔がないし、みたいないろんなことを思います。



ということで、BiSHは来年頭から16公演ツアーをやるので興味のある方は参加してみてください。

http://www.bish.tokyo/live/tour.php?id=1001085

最近のアイドルはYoutubeに大量にライブ動画があるのでそちらからでも。

https://www.youtube.com/results?search_query=BiSH




アユニ・Dは前にチェキを撮った女の子とは別の人です。
チェキについて知りたい方は僕のツイッターを1か月くらい遡ってください。
東のツイッターhttps://twitter.com/Azunaoki



稽古期間なんかは全然ライブに行けなかったので、次の稽古が始まるまでになるべくライブに参加するのが今のところの楽しみです。
『BiSH』は来年までお預けなので『BiSH』じゃないです。
『ヤなことそっとミュート』です。
ライブが待ってるおかげでなんとか稽古が始まるまで生きて行けそうです。
いや、一人で引き籠って一生ゲームやる人生でも生きていけると思うんですけど、外に出なきゃいけないと思うとそういう楽しみがないと生きられなくなります。



なんか、大層なことに繋げがちですが、自分も誰かの生きる希望になれるように頑張らなきゃなって思いました。
改めて。
何に改めたのかは分からないですが。
話すと長くなりそうなのでまたいつか。



暇になるといろんな考えがまとまります



ここまで読んでくれてありがとうございます


これでも駆け足です



それではまたいつか



東直輝


2017年09月28日(Thu)