2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

気がつけば、わたし

またマックであさマック。

スーパーふぃクション四日目の朝。

まだまだやれそう、でも残りの回に標準を絞って放り出さないと、たぶんお客さんは喜ばないんだろうなと思う。

ルーティンワークでこなすのは、到底この僕には無理な話だ、人が見てる前で何かをしなくてはいけない、毎日100人近くの前で何かをして、3時間かけて「来て良かった」と思わせる。

昨夜もよくわかんないミスをした、でもミスをすると取り返そうとしてそれが吉とも凶とも出るが気合いが入る、僕はこの予定調和から抜け出そうとする時の自分の精神状態が解き放たれた時のカタルシスが堪らなく好きだ、「そこにあったのか」と思うと、明日は消えてどこにもなかったり、蜃気楼みたいな。

学生劇団から離れて半年くらい経った時に、後輩の劇団員が「急用」でどうしても本番に出れないという事態があった、今の僕の立場なら絶対に許されない行為だったけど、彼は学生だったし、あれはしかたのないことだったと思う。

現場に僕もいた、やめたのに来てた、暇で。

本番前々日、明日ゲネをして明後日本番の舞台に、僕は「(代わりに)出ようか?」と提案。

劇は少なくとも一時間半あったし、けっこう台詞と段取りが多かった気がするけど、直感が「できる」、「楽しそう」、「やれ」と僕に命令したので素直に従い徹夜で覚えて舞台に立ったらあら不思議、意外に出来たんだった…ワオ、オスカーワオ!

●●●

期待が恐怖心を乗っとることがある。

「どうせあいつには無理だ」と思われてるようなやつがつかみとるべき栄光があると僕は信じる、たとえ松浦亜弥が慶太と結婚したって世界中の男が不幸になるとは限らないし、佐々木希ちゃんという手立てもあるし、或はデンキ街の本屋さんの女店員というのもまたおつなのかもしれない。

お客さんは一切そんなことお構い無しで見てくれたらいいと思う、キムタクを見るつもりでイケキヨを見てくれたらいい、A5ランクの和牛もあれば、タイ産の鳥むね肉もあっていいのだと思えるはずだよ。

尤も、自己主張に執着して芝居の邪魔をするなというのは、至極正論だと思われますがね。池川
  • 20141024104949803.png


2014年10月24日(Fri)