2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

ようやくこたつをしまいました。

ベランダで蜂が巣作りしていた。
直径5cmばかりの茶色いそれ。
キンチョールふりかけて撤去させていただきました。
罪なき蜂よ、許せ。

先日、劇団☆新感線さんの『蒼の乱』を観に行ってきました。
劇団☆新感線の村木よし子さんと右近健一さんは昨年11月の『幼児たちの後の祭り』@AI HALLで共演させていただき、
お二人とも本当に本当に面倒見の良い素敵な先輩で(ごますってないよ、リアルだよ)、
こんな私と仲良くしていただいとります。

初めての新感線、おもしろかった!!
豪華絢爛!!

そして終演後、
23ステージもあるのに
たまたま同じステージを観に行っていた
ニットキャップシアターの市川愛里さんと再会を祝してパンケーキ☆
女子〜。

8CDE48D8-F9B1-4F3E-8ED4-8E4605291247.jpg

市川愛里さんも前述の『幼児たちの後の祭り』で共演させていただいてから仲良くしていただいてます。

ご縁が繋がって繋がって、
今こうしてここにいます。

昨日のKAIKAでの山崎さんのワークショップでも思ったこと。

これからもこんなわたしと悪い芝居を
どうぞよろしくお願いします。

それでは、また◎

畑中華香


2014年05月28日(Wed)

夜行性の

こんばんは岡田太郎です。

最近の俺はというと
もうあと2日後、5月30日からのBaobab「TERAMACHI」の最終調整とか
Dance Fanfare Kyotoっていう京都の元立誠小学校であるダンスのイベントで山崎さんが作・演出の作品に急遽曲を書いたりとか。

あとは7月にある悪い芝居のプロデュース、「マボロシ兄妹」とDULL-COLORED POP「河童」の準備。

って最近です。

Baobabはもう既に今回の劇場、武蔵野芸能劇場に入って全セクション最終調整段階。
前回に引き続き楽曲提供させてもらって、更にBaobabのクリエイションを密に探って、俺の音とBaobabの音、今回のテーマでもある和、と今までの俺らが作って踊ってしてきた洋との融合、さらにはBaobab第2の故郷京都と東京、いろんなケミストリーを目論んでます。
もう既に作曲でのケミストリーは起きた!と思ってる。あとは劇場で本番でダンサーと、お客さんと全部が揃ってのケミストリーを待つのみ。
東京公演だけなのがちょっと残念やけど是非是非観に来てほしいです!

そして図らずもダンス作品2連続になるのがDance Fanfare Kyoto
これはいろんなダンス作品が集まるフェス?というかショーケースというか。
そのうちの一つの「演劇×ダンス」っていうのがあって山崎さんがダンサー2人を演出する「ははははは」という作品に曲を書きました。
急遽ではあったけどやっぱり山崎さんの作品で俺の作る音よりいい音鳴ってるのまだ聴いたことないし、気づいたら曲が出来てました。

いや別に一瞬で書いた俺凄い!!って言いたい訳ではなくて、
「ははははは」に関しては本当にさらっと音が出てきました。
一応山崎さんの演劇演出の手法に則って作られてる作品ではあるのですが、出演するのはダンサー。
演出、台本以外にも稽古場でダンサーの身体から受けとるものがいっぱい溢れてて流れてる物があって、それに乗ったら自然と。
演劇にもダンスにもいろいろあるけどこの「ははははは」はそんな作品です。

6/3〜8の期間中、上演は6月6日(金) 19:00 と7日(土) 19:00の2回。
関西の方、こちらも是非観に来て欲しいです。

今日も稽古でした。
IMG_5436.JPG
黒子沙菜恵さんと山本和馬くん、2人ともおもしろいダンサー。


そんなこんなをやりながら「マボロシ兄妹」「河童」の下準備。
実際に曲を書いたりもしてるのですが今はまだ準備。

曲を書く準備って何?て感じやけど、
まずは音楽をいっぱい聴いてます。
ほかにも舞台作品とか本とか映画とか、あと人も風景もいっぱい見てる。
素材、を集める俺になる前の俺をつくるための準備。

普段聴かないような棚の奥にあるレコードとか引っ張りだすのもその一つ。
まさに血となり肉となるためです。


自分探し、とか俺はぁ?って思ってる。

自分って作ってくものでしかないし。
探し歩いてても結局自分ってそこで歩いてる俺でしかないし、そんなもんどっかに落ちてたらじゃあ探してたわたしは誰ですか?って感じ。

曲の中にも台本の中にも自分なんかいなくて
結局それらは客席にいる自分の未来を作るためのもの。

てかだからなりたい自分なんて作れる。

Baobabの稽古でいろんなもの得て作られた俺
Dance Fanfare Kyotoの台本とダンサーに作られた俺
が曲を書いて、

今またいろんな音楽を聴いて舞台を見て人とあって作られてった俺、

がこの先舞台でまた曲を書くだけ。



そんな俺もこの先の君を作るものになれば良いな、と思ってる。音で。

どこの何が未来の自分作るものになるかは分からんけど!


もう10年近くも前にオーストラリアの田舎のレコ屋で出会った曲も今の俺作ったりしてる。
The Morning After Girls - Chasing Us Under


2014年05月28日(Wed)