2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

東京と生しらす

写真.JPG

東京に来てます。東京のスーパーには生しらすが売ってました。これは東京だからか、そのスーパーだからか分からないけど、スーパーに生しらすが売っているのを初めて見た、というか、生しらすを初めて見ました。透明の滑りけのある稚魚が無数に入っていて、ぱっとみ、昔買っためだかが死んだ時のことを思い出したくらいだったけれど、そういや誰かが生しらす丼を食べるのが人生の夢だと言っていたな、と、ふと思い出して買い物カゴに入れました。誰かの夢を誰かが簡単に叶えてしまうことってよくある。したり顔でアツアツのご飯にかけて、醤油をたらしてみたものの、想像の生しらす丼の半分も美味しくなくて、夢はあっさりと砕けた。そのままでは殆どたべすすまずに、熱したフライパンに生しらすをブチ込み、生しらすはただのしらすになったけれど、しらすも私もこっちの方が幸せだったと思う。こういうこともよく、ある。タイトル通りの現状を報告したところで、

生しらすをたべに東京にきたのではない。なら多分淡路島くらいで、もっといきのいい、多分もっと美味しいであろう生しらす丼にありつける。

7月にやる朗読劇『8』の稽古のため来てます。初めての方々ばかりで緊張しっぱなしで、もうすぐマボロシ兄妹グミの悪い芝居メンバーもこの町に来るし、喝いれてくれないかな、と思ってます。

くれしろくみ






iPhoneから送信


2014年05月26日(Mon)

代わりにあなたにお願いします

2014052218410000.jpg
大川原瑞穂が休団、森井めぐみが退団しました。
気持ちを引き継いで、貰って、とにかく進み続けますね。
悲しみなんてないよ、だって2人とも笑ってたからね。
悲しんでくれなんて、泣いてくれなんてそんなリクエスト、僕はもらってない。
やるべき事は、分かっている、つもり。
皆が笑ってる世界を想う。
こんなに簡単に想像できるのだから、きっと凄く簡単なんですよね。
でもぼんやりはしているから、もっと考えなくちゃいけないんだよね、はい、
了解でごじゃりまする。

また会いましょう。

また会いましょうって書いた時に血の流れがはやくなった、なんて感じて思った瞬間、血はまたいつも通りのはやさに戻っていった。そう、いつも通り。
ま、いつも通りなんてないんだけどね。

写真はよく行くホルモン屋で清ちゃんと2人してホッピー4杯目のナカをお代わりしてたくらいの時、良い感じに馬鹿になって舌がべろべろ回りだす頃。
明るいうちから飲むのはなんだか悪い事している気がしてるけど最高ですわ!と2人で生肉をぱくぱくしてた日。

また、皆で行きましょう。

その時は、あなたも一緒に行きますか。

ほいじゃーまたね、北岸でした。


2014年05月24日(Sat)

劇団続けてる理由とかどうでもいいけど書く

池川でーすよ☆

Ustreamでも言ってたように、モリーが抜けて、大川原さんが休んで、絵馬は曖昧なままで、すきっ歯まみれの悪い芝居ですが、まだまだ沢山いるので、特に絵馬とか、いやここは宮下と呼ばせてもらうぜ、宮下とか僕と北岸くんが抜けてもその体重分には及ばないので、僕らがんばって食べて、寝て、太るのでよろしくお願いします!

まだ三年しかいてないのに、もう三年も続けてる。
僕が演劇と出会ったのは18歳、大学で、「文化系で、女子と付き合えるハードルが一番低そう」という理由で、写真部か演劇部で悩んで、部室が棟の入口から一番近かったので演劇部にした。
当時の同期は月面クロワッサンの丸山交通公園とか、たぶん知らないと思うけどタイル菅原とかいう鼻の馬鹿でかい変態と、金原って小動物のような女と、1佐藤84って残念極まりない芸名を付けた佐藤ってやつと、それからーーー、まあいっか。とりあえず上記四名と宮下を含めてよく宅飲みとかしてたんですよ。下世話な話で盛り上がったなー。
僕は先輩の現・努力クラブの無農薬亭農薬に、しょっちゅう相談してて、「何か演劇向いてないっす」っつって入団して一年するかしないで台本をギターに持ち変えて音楽を始めた。

その一年後、どういう風の吹き回しか、悪い芝居に所属していた。
色々説明が面倒だし、詳しくは本人に直接訊くなどしてください。
とりあえず、ACTの皆とまた飲みたいってことが薄っら伝わってたらそれでいいんで。

それから二年して、カナヅチの大阪公演の千秋楽の翌日か、おとーさんが不幸な事故に遭いまして、たまたま携帯が電池切れで、それ帰ってから聞いてね、すんげー泣きました。
でも何か心のどっかで「芸の肥やしや」って思ってる自分がいたんだよね。
だから、お通夜の間、悪い芝居も、僕のやってることも、僕の名前も知らないようなやつらに、おとーさんの棺桶の前で、葬儀が終わるまで、24時間以上、悲しむ余裕もないほど「演劇辞めろ」って言われて、何も抗う武器のない、名誉のない自分を恥じて、やっぱり泣きましたね!滅多に泣かないからそれも、芸の肥やしやと思う自分がいてドン引きでしたけどね。
その時、守ってくれたのは母さんで、家族ですら責めてくんのに、母さんは庇ってくれたな。
僕、その時ちょうど大学を半年留年してて、親からずっと「これで卒業でけへんかったら家から追い出す」って圧かけられてて、正直煩わしく感じてたけど、絶対卒業しようと思った。
これで、卒業できなかったら、劇団続けんのなんか絶対無理だから。
辞めようともしたけどね、「辞めます」とも言ったけど、それでも「続けろ」と言い張ったのが僕の(中では)兄貴分の山崎さんでね。
ていうかもう、その言葉聞くことでしか自分が劇団や音楽というか、表現を続けることの意義がどうも見出だせてなかったんだと思う。
これも詳しく書くと長いから割愛するけど、要は劇団続けるにはグロッキーだったけど、どうにか一年くらい耐えたわけです。
自分でも何でこんなん書き出したんかわからんわ!
読んでる人、ありがとう!今度飲もう!

はい、続き!
で、前回公演の春よ行くなが終わったくらいからスケジュールがどんと空いたわけです。
当時決まってたのは、今度出るマボロシ兄妹のことだけだったと思う。
半年以上、何もない状態で、UNICORNの『開店休業』じゃないけど、これはヤバいと思って、愛しのママに手紙で「東京行ってきます」と書いた手紙を渡して、東京で、ある監督の撮ってる映画の撮影にエキストラで参加してみることにした。
一公演終わって、半年以上も何もないようなやつが、その監督のとこで何ができるやろうと思った。
でも、予想外にも、その監督は僕の演技を褒めてくれた。
少しだけセリフもくれたんだよ。
僕、そんとき、同じエキストラのやつとケンカしてて、ってゆーか向こうがふっかけてきたんだけど、僕の演技にいちいちイチャモン付けてきてさ、「段取り覚えられないだろ、お前」とか言ってメモ用紙渡してきてさ、全部完璧にこなしたった、メモなんかもちろん抜きで。
そいつの話も長くなるから割愛!
とりあえず、監督がすげえ好感持ってくれたの!で何回も同じ現場にいたの!一ヶ月くらい!
それで、撮影終了日、僕はその監督と喫煙所ですれ違ったのよ!カメラ回してない時に!

チャンス!!!

で、どうしたかと言うと僕は「お疲れーっす」っつってその場をぴゃーって去って、家に帰って寝たの。
話すこと、ないもん。
0だった。
芸人なら、あそこでネタをやってただろう。
ミュージシャンなら、あそこでデモテープを渡しただろう。
俳優なら、あそこで名刺を渡して、「〇〇の〇〇役で出てました」とか言ってただろう。
僕には何もなかった。
そんときに、棺桶の前で味わったのと似た悔 しさを覚えた。
「お前、悪い芝居の俳優やろが!」
「お前、ミュージシャンやろが!」
心の中で、どっかの自分がそう叫んでるのが、体内でコダマしてて、思った。
「やらんと!」、これは生声で言った。

で、今、この記事を書いてる僕ですが本当にここまで長い文章読んでくれてるあなたは神なんですか?それとも暇なんですか?だったら今度遊びましょうよ。
自分語りが過ぎたような気もするけど、ここまできたら書かせてくださいね。
僕ね、変に自負して抱え込もうとするのはもうやめにしようと思ってる。
僕は、この劇団を超えるような存在にならない限りは、絶対悪い芝居で俳優やってます。
こんな自己主張激しい俳優嫌だけど、ところがどっこい!僕は俳優でありフォーク歌手だ!
僕は僕のために発言するし、表現する。
こんな日にさ、メンバー脱退した二日後の深夜にさ、自分の話ばっかして頭おかしんちゃうかって自分でも思うよ。思うけどもうさ、性質ですね。嫌いな人はいっぱいディスってむしろ僕を有名にして。ほら。早く。でも声を大にしても聞こえないし文字を太文字に変えたいけどやり方わかんないのでそのまま、

メンバー抜けますが、
悪い芝居、
僕みたいな良く言えば純朴、悪く言えば病気、
それから、そんな僕が心の底からリスペクトする仲間たちが更にパワーアップして、
これからもどんどん、
膨らんで、
帝国になったらいいなと思います!
だからモリー、お互い頑張ろうな!
大川原さん、席、空けときますが、戻って来たら覚悟しとけよ!
宮下、電話出ろ!

ええっと、ひとまずこんなところです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
何も救われない書き殴りの文章ですが、僕も近い将来「こんなん書いたなー」ってほくそ笑んでるようになってたらいいなって思います。
いや、いつまでもこうして頭抱えてたいなあ。
あ、ちなみにUNICORNの『開店休業』なんか聞いたことないです。
ちょっとだけ知ったかぶった、かまとと野郎、池川貴清でーした☆うえっ。



2014年05月22日(Thu)