2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

ザンゲ

池川でーすよ☆

この「でーすよ」が浸透するまで使ってやろうとしてかなりたつ。
読者にはわからないけど、自分的に「でーすよ」がかなり板についてきたこのごろだ。
継続は力なりというけど、継続こそが力なりだとも思ってる。僕は。

ところで、ツイッターのフォロワーの皆様。
急に鍵をかけたりして、申し訳ありませんでした。
池川は元気に笑っています。
なぜそんなことをしたのかというと、単純に、自分で見てて恥ずかしくなってしまったんです。
タバコがやめられないみたいに、ネットに依存していく自分が憐れに思えてきて、だったらもうスパッと切ってしまうべきだと思ったんです。
それに、改名の件ですが、ぶっちゃけていうと、したいんです。
五年背負った看板だけどそれだけで活動してたころと違って、俳優「池川貴清」の面倒も見ながらの「タカキヨシ」での活動は非効率だし結局時期によっていずれかの方に重きを置いてしまう。
悪いライブした時はそれでもいいけど、せっかく良いライブや曲ができた時に、ちゃんとそれが「悪い芝居って劇団の人らしい」というのが伝わらないと、それは単なる自己顕示欲でしかないし、僕はちゃんと劇団を潤す立場の人間としてこれから考えていきたいと思ってます。
だから、もう「タカキヨシ」はいりません。

以上を踏まえて、ツイッターはこれまでとは使い方をガラッと変えてみたいと思ってます。
それでいきなりですがほとんどのユーザーのフォローを外してしまいました。
僕からフォローしてフォローバックしてくれた人、なんかフォロワー数稼いだみたいになってしまってごめんなさい。
フォロワーの人もせっかくフォローバックして喜んでくれた人もいたのにごめんなさい。
過去のツイートも3200件削除しました。それ以降は消せない以前に読めないみたい。ごめんなさい。
皆のツイートが好きです。
「ネットは便所の落書きだ」なんて誰かが言ってたけど、便所の落書き上等、ちょっと暗いぐらいがちょうど良かったりする。
昔から芸能人がブログで第二の人格をあらわにすんのが見ていて面白くて、自分もそういうことがしたかったのだけど、今の世の中、SNSが拡がり過ぎてて等身大って響きの持つニュアンスがちょい変わりつつあると僕は思ってます。
自分に正直でいるのは、ひとりでこっそりとした場所がお似合いです。
他人に正直でいるには、みんなのことを考えるべきです。
これまで出会った人にも、これから出会う人に対しても、僕はこれまで以上に、素直に純朴でありたい。
まだまだ書き足りませんが、そういう想いです。

芸名については、先述した通り、池川貴清だったりタカキヨシだったりややこしいので、次回ライブからソロ名義を「池川貴乃清」と名乗ることにします。
一応「たかのしん」って呼んでます。
色々、説明がいるとは思うんですが、まず名前には絶対五文字への強い憧れがございまして、そこは曲げれません。
それで一文字増やしたのですが、なぜ「乃」を付け足したかというと、力士っぽくてかっこいいなぁと思ったからです。
ぶっちゃけ池川でいいんですが、何分、かたい本名で曲とマッチせず扱いずらいのです。
曲が近づくのか、それとも芸名がなじむのか、まだわかんないですし貴乃清は僕自身ちょっと迷いを残したままではおりますので、どうか安定するまで温かく見守ってもらえたらと思います。
真剣に二日悩んだ芸名です。
たぶん、ライブでは主に自称は「池川」となることでしょう。
ちなみに、16日の陰陽ライブは4人入りました。
仮に明日(実は昨日書いていた)の夜想ライブで奇跡が起きても、どう目論んでも6人は今の僕には不可能です。はい。
現在、0ですからね。。。
ブッキングは初めてですけど、本当に不思議なおもちゃ箱みたいなところで、だから僕は明日とても楽しみです。
機会があったらお会いしましょう。
それから東京の予約をくれてるおさん方、僕も二万電圧どんなところかまだよくわかってないけど、僕が何者かにエレキギターとかで襲われそうになったときは、迷わずインスタなどで伝説として残してください。
基本的に「弾き語りをしているやつなんか」という偏見がいまだにびっしりとこびりついていて、それはライブにすら垣間見えるところが僕にはあります。
でも僕の出ているライブハウスのミュージシャンたちは弾き語りでもしっかりかっこいい人ばかりで、昨夜対バンした生き仏のシュウさんこと、エンペラーめだかはまるで魂そのものが歌ってるようで、めだかどころかハイエナくらいよかった。生き仏とはまるで違った。参りました。
たぶん、抱えてるものがエレキでもアコギでも風呂桶でも、そこでのいかた次第で良くも悪くもなる。
これは演劇も同じだし、僕は次回出演する舞台までに、お持ち帰りできたらなと思ってます。
「しゃべったら面白い」より「しゃべってみたい」人でありたい。

先頭にも書いたことだけど、継続こそが力だと僕は心からそう信じてます。
昔出会った音楽家の人にも「続けることです」と一言ぽんと肩を押されました。
誰かの憧れになるのではなく、自分の理想の実現のために、僕はこれからも悪い芝居と共に進んでいきたいし、その劇団員として恥のない活動をしていきたい。
貴乃清も、まあ、そう、です、はい。
(これに至ってはまだ少し余白あけとこうかと思ってます)
とにかく、若手を名乗るにはもう古いし、表現者を名乗るにはまだまだ実力不足、焦ってもよくはないけど、僕は無茶がしたい!運命を支配したい!時間に負けるか!
男だし!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
結婚します!ウソです!かいしょうなし!

池川でーした☆



ていうか鍵つけたのに全然見られてるのは何!?Twitter何!?黒歴史クリーナー使ったんバレてる!?


2014年04月18日(Fri)