2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

僕らはみんな生きていく



池川でーすよ☆

新曲書けました。
砂肝とモツに感謝します。
良い曲にできたと思うから早くあげたい。

この一週間でライブが三度ありました。
陰陽、夜想、二万電圧。
それぞれに思うところあり、やっぱりライブに出れてやれるというのはありがたいし、それだけ発表できる曲があるのも嬉しい。
拒み続けてるものをこれからどんどん受け入れて大きくならなくちゃ。
僕が書いた歌は僕の歌でなくちゃならないし、ちゃんと愛される自分は見失いたくない。
今までは勝手に誰かが愛してくれたらそれでよかったけど今はちがう。
一番求めてる自分をさしあげたい。
心からそう思えるようになったのは今更です、はい。

来月は今のところ二本ライブが東京であって、5/1木に無力無善寺という高円寺のライブハウスと5/11日の昼に下北沢屋根裏という下北沢のライブハウスに出演します。
自分の軸がぶれぶれだった去年の暮れに、飛び入りで無善寺に出て、やっぱり自分はああいうライブハウスの似合う歌手になりたいって想いが強くあって、だから今回出演するのは楽しみでもありむちゃくちゃ怖い。
拒まれたらどうしようではなく、自分を肯定させられるか。
100%で生きたい。
この日は生きたなって思いたい。
屋根裏も去年に数回出たけどやっぱり自分の軸がぶれていてそれどころではなくて、しばらくオファーが来ても断ることもせず居留守を使って出なかった。
それで一年ぶりにかかってきた電話をとって「携帯が壊れて」とか苦々しいウソを吐きたがる自分もぶん殴ってやりたくなりましたが、偶然ながら電話のかかってきたその日は東京に着いた翌日で僕は本気でその日に下北沢へ店長に会いに行こうとしていた。
当時、自分で書いて今も残ってる曲は三曲で、残りは全部使えない嘘だった。
むしろ「曲なんか嘘だしな」と勘違いしながらやってたのが罠だった。
曲こそ僕の真実だし、もっと言うと、歌ってる僕は僕でなくていい、だから貴乃清でいいんです。
「貴乃清になりました」って言ったら店長は大爆笑で、やっぱり変えて良かったと思えた。
「だけどタカキヨシのころに歌ってたあの曲好きだったのにな」と言ってくれたその曲は今も歌ってる三曲の内のひとつで、没にしてたけど店長が電話でそう言ったので新しく歌詞を書き直してポケットにしまって二万電圧で最後に譜面台を用意してなかったから地面に敷いてそれを読みながら変な姿勢で歌った。
それを「良い」と言ってくれた人もいて、本当に僕は音楽やってて良かったと心の底から思った。
「恋は辛い」と書いて、コイワヅライという曲で、いつかまた聴いてみてもらえたらと思います。
色んな音楽を聴く人の頭に僕の曲が残ってただなんて思いもよらなかったです。

平気な顔して辛いやつよりも、辛い顔して平気なやつの方がきっと何倍も生きやすい世の中だと思うけど、僕はできるだけ後者を認めたくないんです。
もちろん他人を否定するわけではなくて、後者である自分を認めたくない。
後者でいるときの自分は不自然だし、いづらいし、だから前者でいるときの自分の佇まいをちゃんと探してそこに置けたらいいのにと思う。
いずれにせよ、辛いのは嫌だ。
だけど線を一つ足して「辛い」を「幸い」に変えても同じことかもしれない。
音楽の池川、演劇の池川、人間の池川、付き合いは変わるし、自分でもまごつくことがあるけど、僕はいつでも今期待してくれる人を一番に活動を続けて期待してたぜプレミアを付けてあなたに返したいから何が出来るか考えてまた性懲りもなく曲を書いたので最後にそれのデモと出演するライブハウスのリンクを貼っておきます。
「墓の中で生きてる」って曲です。
日、空いてましたらどうぞおかまいなくdoro8mitsu@gmail.comにメールください。
お待ちしてます。

池川貴乃清の引き語り/新作「墓の中で生きてる」デモ: http://youtu.be/o3wRCXAnvqM

5/1木 無力無善寺 http://homepage2.nifty.com/muzenji/

5/11日 下北沢屋根裏 http://shimoyane.com/
※昼の出演になります

今日も長くなってしまってごめん。
ちょっと遊びに下北沢うろついてくる。
あ、髪切ったよ!
池川でーした☆



2014年04月25日(Fri)

僕らはみんな生きていく



池川でーすよ☆

新曲書けました。
砂肝とモツに感謝します。
良い曲にできたと思うから早くあげたい。

この一週間でライブが三度ありました。
陰陽、夜想、二万電圧。
それぞれに思うところあり、やっぱりライブに出れてやれるというのはありがたいし、それだけ発表できる曲があるのも嬉しい。
拒み続けてるものをこれからどんどん受け入れて大きくならなくちゃ。
僕が書いた歌は僕の歌でなくちゃならないし、ちゃんと愛される自分は見失いたくない。
今までは勝手に誰かが愛してくれたらそれでよかったけど今はちがう。
一番求めてる自分をさしあげたい。
心からそう思えるようになったのは今更です、はい。

来月は今のところ二本ライブが東京であって、5/1木に無力無善寺という高円寺のライブハウスと5/11日の昼に下北沢屋根裏という下北沢のライブハウスに出演します。
自分の軸がぶれぶれだった去年の暮れに、飛び入りで無善寺に出て、やっぱり自分はああいうライブハウスの似合う歌手になりたいって想いが強くあって、だから今回出演するのは楽しみでもありむちゃくちゃ怖い。
拒まれたらどうしようではなく、自分を肯定させられるか。
100%で生きたい。
この日は生きたなって思いたい。
屋根裏も去年に数回出たけどやっぱり自分の軸がぶれていてそれどころではなくて、しばらくオファーが来ても断ることもせず居留守を使って出なかった。
それで一年ぶりにかかってきた電話をとって「携帯が壊れて」とか苦々しいウソを吐きたがる自分もぶん殴ってやりたくなりましたが、偶然ながら電話のかかってきたその日は東京に着いた翌日で僕は本気でその日に下北沢へ店長に会いに行こうとしていた。
当時、自分で書いて今も残ってる曲は三曲で、残りは全部使えない嘘だった。
むしろ「曲なんか嘘だしな」と勘違いしながらやってたのが罠だった。
曲こそ僕の真実だし、もっと言うと、歌ってる僕は僕でなくていい、だから貴乃清でいいんです。
「貴乃清になりました」って言ったら店長は大爆笑で、やっぱり変えて良かったと思えた。
「だけどタカキヨシのころに歌ってたあの曲好きだったのにな」と言ってくれたその曲は今も歌ってる三曲の内のひとつで、没にしてたけど店長が電話でそう言ったので新しく歌詞を書き直してポケットにしまって二万電圧で最後に譜面台を用意してなかったから地面に敷いてそれを読みながら変な姿勢で歌った。
それを「良い」と言ってくれた人もいて、本当に僕は音楽やってて良かったと心の底から思った。
「恋は辛い」と書いて、コイワヅライという曲で、いつかまた聴いてみてもらえたらと思います。
色んな音楽を聴く人の頭に僕の曲が残ってただなんて思いもよらなかったです。

平気な顔して辛いやつよりも、辛い顔して平気なやつの方がきっと何倍も生きやすい世の中だと思うけど、僕はできるだけ後者を認めたくないんです。
もちろん他人を否定するわけではなくて、後者である自分を認めたくない。
後者でいるときの自分は不自然だし、いづらいし、だから前者でいるときの自分の佇まいをちゃんと探してそこに置けたらいいのにと思う。
いずれにせよ、辛いのは嫌だ。
だけど線を一つ足して「辛い」を「幸い」に変えても同じことかもしれない。
音楽の池川、演劇の池川、人間の池川、付き合いは変わるし、自分でもまごつくことがあるけど、僕はいつでも今期待してくれる人を一番に活動を続けて期待してたぜプレミアを付けてあなたに返したいから何が出来るか考えてまた性懲りもなく曲を書いたので(さっきのとは別で)最後にそれのデモと出演するライブハウスのリンクを貼っておきます。
「墓の中で生きてる」って曲です。
日、空いてましたらどうぞおかまいなくdoro8mitsu@gmail.comにメールください。
お待ちしてます。

池川貴乃清の引き語り/新作「墓の中で生きてる」デモ: http://youtu.be/o3wRCXAnvqM

5/1木 無力無善寺 http://homepage2.nifty.com/muzenji/

5/11日 下北沢屋根裏 http://shimoyane.com/
※昼の出演になります

今日も長くなってしまってごめん。
ちょっと遊びに下北沢うろついてくる。
あ、髪切ったよ!
池川でーした☆



2014年04月25日(Fri)

リアルゴールド

大川原です。

いま、まさにスマホ内の写真データが崩壊してパニクっているところ。
最近はスマホが発熱してホッカイロみたいになったり、充電が2、3時間でなくなったり、悩まされてる。
あぁ写真つけて話をしたかったのに。

なんの話がしたかったかってーと、人って変わるよね、よくも悪くも。って話。
でも変わらないところもあるよね、よくも悪くも。って話。
しばらくみなかったバンドが超ハイテクな要素を取り入れるようになったとか。それを売れたから変わったんだとか変わっちゃって残念とかこんなん〇〇じゃないとか、言ったりするじゃない?でも変わったとこはわかりやすいから変わっちゃった印象が残るんであって、変わらないとこだって絶対あるはず。そこを見つけられたら絶対ニヤニヤするのに。ってのを思うーわたしはね。わたしはね。

私4年くらい前は相当のニコ厨だったよ。ニコ厨とはニコニコ動画中毒のことね。暇さえあればゲームプレイ動画漁ってたけど今は全然見なくなった。ね、変わったでしょ。髪も一回ショートにしたし。
でも、わがままな性格とかめんどくさい性格は変わってない。いやそこは変えようよってね。
いやでもでもでも、私のことは置いといて、あいつさみしがりな所は変わってないなぁとか、あいつ空気読めないとこ変わらないなぁとか、大きく言うと短所ってことになるのかな?この短所ってあんまり人は変わらない気がするのね。
これすぐに変えられて短所無くなったら人ってつまんないなって思うわたしは。わたしはね。
ただこれに甘えて短所押し押しでいくと嫌われまくるからダメよね。
自然にしていて嫌われたり好かれたりする世の中がおもしろいんじゃないですか?ね。

おわり!


2014年04月24日(Thu)