2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

アイムソーリー

写真.JPG

今日の昼飯はイサキとシャケの焼き物にもち巾着にきゅうりの漬物に汁でした。けっ、ぱっとしねぇ。冷蔵庫から生卵を取り出して、出されたおかずにはほとんど手も付けず醤油と柚子胡椒で卵かけご飯をしゃらしゃらいただいておりましたらお母さんにげんこつくらわされました。その後コンビニで甘い物を買いだめしてきたら二発目を喰らわされ。そんな小学生並みのことで親を怒らせ不摂生極まりない毎日を過ごしております。腐る前に縄跳びでもしようかと外に飛び出したところ雨上がりでツルツルと滑る上に、蚊が私の体の至るところでお腹を真っ赤にパンパンに膨らましているのを見て気味が悪いのでそそくさと戻ってきて、ムヒを片手に今これかいてるところです。クーラーはつけてません。この生ぬるい感じの空気の中が好きだったりするので。お前の趣味趣向なんて聞いてね〜よと聞こえてきそうですね。無視。変な天気ですね。こういう日はいいことがない。ぶつくさぶつくさ。

さっ雨も止んだし、もうすぐ植田さんの客演してはるイッパイアンテナさんの公演があります。私は絶対見に行きます。
コンガリ植田ーメロディワンダホーメロディ
いぇーいっ、楽しみ楽しみー(=´∀`)人(´∀`=)

くれしろくみ


2012年08月19日(Sun)

総合→教育→総合

写真.JPG


ちょっとローソンに行って、からあげクンの新作でも見に行ってみようかと外に出る事さえ億劫になる暑さの中、彼らは闘っているわけです。


僕が初めて甲子園に行ったのは2005年、中学2年生のころ。その時は駒大苫小牧高校というそれはもうベラボーに強い高校が日本の高校野球を席巻、当然の優勝候補として数えられていたのでした。
僕が行った日の第2試合が駒大苫小牧の試合で、その時のエースピッチャーは確か松橋とかいう名前で、僕もその松橋君を見に言ったようなもんでした。



あまりにも平凡な名前のピッチャーが銀傘から跳ね返ってくるように球場中にコールされました。父もぼくも少しがっかりして、でも後で出てくるかもしれないしと期待して見ることに。

1回、2回と回を経るごとににわかに僕の周りの大人たちが騒ぎ出しました。感嘆の声を上げるおっちゃん、興奮しながら電話をかけるおっちゃん、スピードガンを構え出すおっちゃん。どうやらこの席は普通の席じゃないみたいだ。

僕も段々と興奮が高まり、結局12-0ぐらいの大差で駒大苫小牧が勝ちました。僕の父はしきりに「こいつは大物になる」と唸ってて、そんなの分かるものなのかなと思ったけど、結局父の眼が正しかった事を今ごろになって思いだすのです。


彼らは興行ではないので自分の為だけにむちゃくちゃに練習してやっているはずなのですが、どうしてこんなにも胸を打つのでしょうか。感動するのでしょうか。
僕にはまだ分からないけれど、僕の場合今よりもっと演劇を愛さないと扉は開かないような気はするのです。

球児たちの試合を見ていても、自分は彼らほど1つの事に熱中して取り組んだ事が1度でもあるだろうか?と考えてしまって、1塁への完全アウトのヘッドスライディング一つでグラグラくるものがあるんです。
僕も、我を忘れるほど熱中しなくちゃあと思うんですね。毎年毎年思う事なんですけどね。



TVからの 消音バットのくせにいっぱしの 爆裂音で目が覚める。

クーラーきかせて、アイス食べながらで申し訳ないけど応援してるよ。


宮下絵馬





2012年08月18日(Sat)

顔チェキの結果はもう忘れたよ

かつて、それなりに女友達に恵まれていた中高生のころ。
あの頃は自分が境界線から一歩踏み出たくらいにはモテサイドにおると誤解しておりました。
「自分は10代までに、とてつもない美女と交際し結婚する」
そうこうして時は経て、成人式を過ぎ、虚妄の説は払拭され、僕は少しだけ大人になった。

今日も悪い芝居は蒸篭(事務所)で会議をしていた。
悪い芝居の劇団員は客観的に見て、モテサイドの人口が多い風に思う。
モサいのは俺と絵馬と先輩進野くらいで、でも絵馬は需要のある太り方をしていて、先輩進野もよく見ると顔の造りが良い。
舞台では河童、テレビではニート、俺はいつのまにか劇団で唯一モササイドをキープして劇団のオフサイドを抑止していた。
そして女優はみな、私的にはきれいで、池川顔大学があれば、みな推薦枠に抜擢するほど(森井には一般入試を受けてもらうことになろうけれども)
俺は焦った!
自分を顧みた!
不意に路駐の車のサイドミラーを覗き込む!
するとそこには、昼食べた豚肉が前歯に挟まったままの俺の顔面!
絶。
気がつくと俺、電車で奈良行きの鈍行だった。
本日奈良では、俺がいまだかつて見たことない量のゲリラ豪雨が襲ってきた。
俺はチャリ通なのに。
渋りながら財布を開くと残金400円。
「母さん…」
バスで最寄りの駅に到着すると、母はバンで俺を送迎してくれた。
寝起きの貧血で頭痛が治まらない中、雨はとっくに止んで夕暮れを演出しているのだった。
なめんじゃねえと、俺は眺めながら思ったんだった。

池川でーした。
20120817_182400[1].jpg


2012年08月17日(Fri)