2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

ニットキャップマン



池川でーす、よ。
このごろマイブームがニット帽でよく被ってる。
ニットキャップシアターさん、その節はお世話になりました、新しい劇団員さん楽しみです。
それはそれでさて置きーの、なぜいまさらニット帽を被るのか。
今時ニット帽を格好いいと思ってる奴をしてるわけでなく、単純に、髪がかつてない長さにのびて、鬱陶しいのだ。
髪を切りたい。
しかし髪を思った時切るというのは俳優らしからぬ行為で、例えば本場前などにパンチが足んねえなんつって髪を七三からドレッドなんかに変えたりするとどうなるか。
その俳優は演出家に滅茶苦茶嫌われ、場合によっては舞台に出れない、まさに悲劇、水をかぶると女になっちゃうふざけた体質、なんてらんまの歌を口ずさむ羽目にもなりかねない。
要は、髪が切れなくて鬱陶しいからニット帽にしたのだった。
おでこ全開。
ニットを被ると日々は快適で過ごしやすい。
ただ、僕の額は広く、ダニが野球をできるくらいある。
そこでおでこの写真を撮ってあげようとしたのだが、僕の携帯電話の様子がおかしく、どうやらこれは、カメラ機能が壊れている。
ニット帽どころではなくなった。
カメラ機能どころでもない。
明後日はJamokashiライヴ、それから間もなくしてカナヅチ女が泳ぎだす。
微睡みかけた僕の文章、微笑。
稽古疲れッス。
韻踏むだけで眠り落ちそう。
池川でーした。はぁと


2012年05月18日(Fri)