2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

マナティ

写真.JPG
人魚姫は確か、溺れているところを助け出したキラキラ王子に恋をして、会いたくて会いたくて、海の魔女に声と引き換えに人間にしてもらって王子に会いに行くのだけれど、手柄は別の可愛げな女に横取りされてて、自分と結ばれることのなくなった王子を殺さなくては自分が死ぬっていう究極の選択を迫られ、健気にも自分が海の泡と消えるっていう、そんなくだらない終わりの童話だった。うんざり。私ならソッコーで王子の城に火を付ける。知らない女もあわよくば。金は持てるだけ、持ち出す。なにしろ王子が死んだって、自分さえ生きてりゃ、海にはきっと成り金ワカメやハンサムアンコウが待っている。やな話だよ。恋する乙女が無駄死ぬ話なんて、誰が見たいねん。恋でも何でも一生懸命になっている人の先にはハッピーエンドしかない。しかない。しかない。

稽古、みんな一生懸命です。だから、カナヅチ女はめちゃくちゃ面白くなります。

今日の写真。まーくんとわたなべとくれしろ。東京からどら焼きとパイを持ち帰ってくれた渡邉にはしばらく好感しかもてない。股に星をぶらさげて、煌めきながら歩くまーくんには目を見張る。

楽し!みんなありがとう。

くれしろくみ


2012年05月27日(Sun)

与党:チキン南蛮なデブ男





クレヨンしんちゃんをいまだに楽しく見る男、宮下絵馬だ!

僕が子供の頃は、PTAの子供に見せたくない番組は全部見せてもらってまして、その結果が「悪い」芝居。

バカヤロー!!


さて、わたくしちょっと稽古場を抜け出して出身劇団である京都産業大学劇団ACTに「カナヅチ女、夜泳ぐ」の宣伝に向かいました。

嬉しい事に新入部員が12人も入っていて、元座長としてもホッとした部分もありましたが、僕が稽古場に入ったとたんみんな蜘蛛の子を散らしたように分散して僕から距離を取りだしました…

怖くないぞ!




image-20120526232719.png



みんな来てね!



さてさて稽古場に戻りまして今日からしばらく稽古から離れていた渡邉圭介さんがカムバックしてきまして、ずいぶんとうるさい稽古場になりました!
僕が東京一のセンスメンと呼んでいる渡邉さん。この前コーラをおごってもらって依頼渡邉さん推しなのだ!

今日も一緒にご飯食べにいった帰り、「渡邉さん何型ですか?ギャグで」と聴くと「歯型」とクソで煮しめたような答えが帰ってきて東京の風を感じざるを得ませんでした。


全部ひっくるめて愛らしい!まだまだ発掘できそです。ではでは〜












2012年05月26日(Sat)

アキラと呼ぶ漢!


池川でーすよ。
先日、制作サイドのある人から「最近みんな楽しそうじゃん」みたいなメールが来ていて、まぁ事実楽しいし、僕もくだらん痴話ばっかしとらんと現場のことを書こうと思う。

渡邉さんはひょっとこ乱舞改めアマヤドリからやってきた線の細い、いわゆるところの、池麺だ。
浅野いにおの漫画に出てきそうなシティボーイの凛とした憂いを帯びながらも、たぶん、僕の次にいじられている。
総称して、幸薄そうなのだ。
飲み会で恋話をした時も、暗かった。
趣味は麻雀、なのに演劇でできた友達自称一人。(先輩はカウントしないそう)
そして根暗特有の、音楽の詳しさ。
ガチだった。
音楽の詳しさは時に人を物語る。
ああ、しょっぱいよ、なんだこりゃ、涙ですかい、いや、汁です。
悩みは食わねば痩せることだそう。
何を隠そう、僕は昔から渡邉さんみたいな人が大好きだ。
公演までに、絶対心のベールに潜り込むつもりッス。

みんな大好きまーくんこと村上さんは不器用とか言ってそれなりのことをやってくるのでほとほと困る、まるで1のことできて10の喜びを醸し出す僕を嘲ているようだ!
ルックス偏差値はまぁ、僕といい勝負なんだが、何分表装してるもんがちがーう、まーくんおもろーい、ラーメン食べ行こー、なテンションだ、ガッテム!
そんな卑しい僕にもまーくん改め村上さんは優しく、そして律儀だ。
できすぎ君では堅い、まーくんはできちゃう君なのだった。

大塚さんは、常に、目の前に設定した何かと、奮闘してらっしゃる。
クラスにいたら、好きな子が絶対大塚さんとできてそうだという空想により、大塚さんとは仲良くできなかったろうに。
なんというか、一番、嫌われたくないタイプ。
言い方悪いなぁ、好いてもらいたいタイプだ。
ブログのデザインがシュール過ぎて笑った。
本人曰く、「更新するの恥ずかしすぎて二年くらいほっぽりだしてる」
共感覚!
たぶん大塚さんとは、三年生くらいから仲良くなって遊びだし、「二年くらいまで勝手に嫌な奴やと思い込んでたわ」「あ、僕も」みたいな会話を交えることでしょう。(あくまでも妄想)

吉川さんは、ずっと見てた人だったので、最初どぎまぎしましたが、これは僕がさえない青春を過ごしてきた上での偏見なんですが、美人は皆グレている、絶対領域がある、陰で酷いことを言っている、この考え方は近年迷信だと確証されました。
吉川さんは相変わらず美人だし、ユニークで、いい人だ。
僕は入団前から悪い芝居を知っているので、稽古で大川原さんと吉川さん並んでると、なんだかデジャヴ、同じ舞台にいる、演出している山崎彬が何だかとてつもなく感じる、のだった。
と同時に、信念の強さやら、因果応報なぞといった慢心のような泥濘みたいな曖昧な嬉しさの微熱をそここに覚えるのだった。
俳優がやれている、そこのみぞ輝く光。

そして先日、ビギナーズ19期の受講生たちと座談しました。
あれから二年経つ。
経つのに、離れず。
まだあの席に座っているかの様子でした。
僕も慣れを脱ぎ捨て、誇りを着る。
ていってもまぁ、だらしない体が急に引き締まるわけもなく。

池川でーしたっ。

あ、余談ですが、共演者で山崎さんのことをアキラと呼び捨てにしてる人を見たのは自称大阪一番の大塚さんただ一人です。
僕は蔭でザーキラさんと呼んでいる、業界風に!


2012年05月25日(Fri)