2019年 08月10日(Sat) 夏々々
2019年 08月03日(Sat) 打ち水やっほい
2019年 06月21日(Fri) あっつい夏がくるよっと◎
2019年 06月15日(Sat) 前とか次とかメンバー募集とか
2019年 06月05日(Wed) あなたに〜会いたくて〜会いたくて〜
2019年 06月03日(Mon) 六嶋こころです
2019年 05月27日(Mon) 昭和のゲームの攻略本で、肝心な部分を濁すときのやつ
2019年 05月26日(Sun) 二本立て公演初日明け
2019年 05月17日(Fri) 日付がかわり、初日まであと一週間!!す
2019年 04月30日(Tue) 演劇は愛、愛は演劇◎

稽古順調! あ、あいつDAKARA飲んでる!

dakara.jpg

ねーこーのしゃもりは大人三人以上を一気にキュンキュンにさせるキュンキュンの実の能力者です。
しばらく猫祭りが続くと思うので貴清の写真でご勘弁を。

進野です。
サマーキラーチュンチュンを振り返ってみようの日も終わり、猿に恋の稽古が順調に始まっています。

各団員たち自らのワークショップも終わり、稽古場をとっての稽古が始まりました。
今回、無声劇をやるにあたり、まずは本当無声劇ってなんだ?ってところから入っていって手探り手探りな感じで、稽古が行われております。

2人ずつペアになり、エチュードのような形で、どちらかが先に何かをやり始めたら、片方がそれに順応していく。しかし、どうしてもこれはしゃべってしまうやろみたいな形になったり、
しゃべらなくても成立するような状況、その変化を見せ続けることが稽古を見ていて本当難しいと感じました。
普段やはり、言語によって成立しているような状況になれてしまっているからでしょうか。
言葉という表現手段をいきなり切り取ってしまうと、なにもそこから関係が成立していかないもどかしさを感じました。

どこへどう転がっていくのか。
そこが今は見どころな気がします。


まあ、まずはこんな感じでしょうか。
ここからどういう感じで、このお芝居が出来上がっているのか、正直見物です(S発言)。
嘘嘘。
なんとなく思ったのですが、演者側の間で、言葉の情報が飛び交わない分、見る側の間で、あれ何やってるんだろうって状況がおもしろいですね。

それがわかったときの開放感とか無声劇のおもしろさのような気がします。



あーでも、だよね? やっぱ我慢できない。
しゃもり!
neko.jpg





2011年09月12日(Mon)

くりしろくり

2011091021400000.jpg
今日はサマーキラーチュンチュンを振り返ってみようの日。

フムフムモフモフ。

先輩達も新入り達も皆それぞれに今後の目標みたいなのを掴みとったみたい。

普段の芝居とはひと味違うからこそ掴めたもの。こんなフレーズが今日は何回もでてきて、出てない私にはわかんなくて、嫉妬で半身姿勢になる。。。とにかく皆が過ごした時間の濃ゆさと成長の息吹をびゅんびゅん感じたのでした。

私だってお尻ポリポリしながらテレビみて過ごしていたわけじゃないのだ。

ふんっ。

そういやもう秋がすぐそこまでやってきてますね。

秋といえば、クリ拾って、さんまめしたいて、そうそう、動物愛好!、子猫のしゃもりも目一杯可愛がらなきゃ。

おっと忘れちゃいけない、恋の季節♪ズッキュン、メラメラ、めくるめく恋にみを任せてみたいやい!あなたがたとえ猿だって。

猿に恋楽しみ♪

くれしろくみ


2011年09月12日(Mon)